私設Blog「黒曜石の図書館」

本、言葉、文化にまつわるエトセトラ。

「陰翳礼讃」と ゆく年2016

「陰翳礼讃」で今年の読書は終了となった。(「女のいない男たち」も読んだけれど再読だし、感想はまた今度) 昔「春琴抄」あたりは読んだことがあり、谷崎潤一郎はちょっと耽美がすぎる変態文豪というイメージで食わず嫌いだった。しかし、「文豪失格」で谷崎…