読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私設Blog「黒曜石の図書館」

本、言葉、文化にまつわるエトセトラ。

「職業としての小説家」v.s.「村上春樹は、むずかしい」

たまたま同時期に続けて読んだ2冊。

 

村上春樹氏本人は、「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」などのインタビューでも応えている通り、自分の中の深部へ潜って書く、というスタイルをこのエッセイでも貫いている。

対して加藤典洋氏は、時代背景や様々な要因と村上作品を無理に結びつけようと躍起になっている印象を受ける。タイトルにある「むずかしい」という結論に持って行こうとしているのでは、とさえ思う。ナルホドと思うところも、多いのだけれど。

 

もちろん、作家が無意識にやっていることを間に受けては研究は進まないわけだけれど、先日の講義で「概して、作品は面白くても、研究、となると、全然面白くなくなるんだよね」と教授が仰っていたのがまさにこのケースだろう。

 

でも加藤氏はとても深く研究されている方。幻冬社には是非「村上春樹イエローページ」を電子版で出しなおしてもらいたい。

村上作品自体が、ポロポロと電子化されつつあるのは良い傾向だと思う。まもなく「風の歌を聴け」が出るけれど、初期から順に出していくつもりだろうか?

だと良いなぁ。

 

職業としての小説家 (Switch library)

村上春樹は、むずかしい (岩波新書)