私設Blog「黒曜石の図書館」

本、言葉、文化にまつわるエトセトラ。

ホラー小説「若きウェルテルの悩み」

「あらすじ名作劇場」の「若きウェルテルの悩み」の回を観る。
ストーカー男が、自殺をするというホラーだったことがわかり、衝撃を受けている。

読んだことがあるのだけれど、きっとその時も え?とは思いつつ、いや、ゲーテという凄い人が書いたんだから素晴らしく、悲しい話なのだ、と思い込んだのかもしれない。

ストーカー怖い。

そしてたまたま「侏儒の言葉」で芥川がこの話についてこう述べているのを見つけた。

「多忙
我我を恋愛から救うものは理性よりも寧ろ多忙である。

恋愛も亦完全に行われる為には何よりも時間を待たねばならぬ。

ウェルテル、ロミオ、トリスタン-古来の恋人を考えて見ても、彼等は皆閑人ばかりである。」

良い事言うなぁ。
やはり、若いうちに、わからなくても良いからとりあえず本は読んだ方が良いようだ。

悩みなんて、昔から皆同じなのだ。

 

若きウェルテルの悩み (新潮文庫)

侏儒の言葉・西方の人 (新潮文庫)