私設Blog「黒曜石の図書館」

本、言葉、文化にまつわるエトセトラ。

君たちは、飲み会には喜んで3,000円を払うのに

500円の文庫本を買うのは渋りますね。

(嘆かわしい)

 

指導教官がこう仰ったのは今も忘れられない。

 

昨日ブックオフで状態の良い「行人」「こころ」を手に入れる事が出来た。

今日は新品の「草枕」「彼岸過迄」を入手。

漱石先生にどっぷりと浸かろう。

 

 

紙の本をもう増やしたくなくて、あまり書店に行かなくなった。

久しぶりに行くと、色々手に取れてやはり良いなとも思う。

でもここから、本当に読むべき本だけを残したら、棚は、店はスッカラカンになるだろう。

少々虚しくも感ずる。

 

草枕 (新潮文庫)

彼岸過迄 (新潮文庫)