私設Blog「黒曜石の図書館」

本、言葉、文化にまつわるエトセトラ。

巻き物としての電子書籍

コミック以外の本はkindleで統一するようにしている。

 

(最初の頃は品揃えの足並みが揃わず、kinoppyとhontoも併用していて、数冊散らばってしまった。不満。サービスの統合は果たして将来的にあり得るか??)

 

品揃えには最早なんの不満もないが、アプリの使い心地に提言がある。

 

今日書店で手に取った立花隆氏の本の中で、対談のお相手(東大図書館の副館長さんだったと思う)が「電子書籍は巻き物」と仰っていた。

 

そうだ、巻き物なんだ。

 

そう考えると、少し前に書いてあったことを参照するのは、すすす、と戻れる表示のほうが簡便だ。

よほど集中しないと、めくった際にそこで意識が途切れてしまう感がある。

 

kinoppyでは「横スライド」というビューア形式が選択出来る。

めくるのが当たり前と思っていた今までは、あまり使わなかった。

しかし電子書籍が巻き物だと思うと、途端に横スライドは画期的に見やすい事に気付いた。

 

kindleアプリでも実装してほしい!

 

そういえば氏の猫ビルは震災にも問題なく耐えたようで、特に言及がなかった。

凄いの一言。

大学時代、指導教官のW先生が「僕は本に潰されて死んだら満足です」と言っていた。

私は…ちょっと御免蒙る。

 

読書脳 ぼくの深読み300冊の記録 (文春文庫)