私設Blog「黒曜石の図書館」

本、言葉、文化にまつわるエトセトラ。

「うなりやベベンの平家物語」

たまたま朝テレビを点けたら、「にほんごであそぼ」をやっていた。

「♪ 祇園精舎の…」と始まった。

 

なんて良い曲なんだ、と感銘を受けた。

ロック…  ビートルズの曲のようなアレンジで、違和感が全くない。

 

調べたところこの曲を歌う うなりやベベン こと国本武春さん…

 

うなりやベベンさんは、ご自身が国本武春さんの一番弟子だとおっしゃっていました。
浪曲師としての活動と一線を画し、子ども達に日本語を楽しく伝えることを望んでいらっしゃいましたので、ご本人とご遺族の意向を尊重して「にほんごであそぼ」では、うなりやベベンは生き続けます。
国本武春さんのご冥福をお祈りいたします。」

 

昨年末だったようだ。惜しい方を亡くしたものだ。

 

(余談。

間違いなく初めて聴いた曲だったが、この曲が収録されたアルバムは、ずっと前にレンタルしてパソコンにリッピングしてあった。

第二の衝撃…)

 

児童館に勤めていた時に、「寿限無」を暗唱する子が数人いて関心した。

意味はわからなくとも、とにかく触れることはやはり大事だ。

 

それ以外には「恋そめし」も可愛らしくて、なかなか良い。

ぜひ、お子さんとご覧いただきたい。

 

(余談。

「ことばへの旅」がなかなか進まない…  kindleは「読み終わるまであと7時間」と言う。

そんなに厚い本なのかと、今更戦慄。頑張らねば。)

 

NHKにほんごであそぼCD「百」~たっぷりうたづくし~ (Disk 2 No.18)