読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私設Blog「黒曜石の図書館」

本、言葉、文化にまつわるエトセトラ。

今度こそ完結、「はんだくん」7巻

6巻で本編の連載は終了していたが、アニメの放映に合わせて番外編が続いていたそう。

ということで完結巻の続きが発売された。

 

ばらかもんを読んでいて、あの最終回のあと半田はどう学校生活を送ったんだろう。そして半田軍は今…?と思うことがしばしばあるわけだけれど、今回はまさにそのエピソード。

最終回のあとの生活も、良い意味で期待を裏切らない。良かった良かった。

半田くんから半田先生への過程はこうして辿るのかと納得。

6年後ということで、それぞれに成長した姿が描かれていて微笑ましい。

うまいなと思うのは、既出のエピソードとの絡ませ方。

いったいどの時点で絡ませると決めていらっしゃるのか…

 

カバー裏(だと思う、電子版なので実感はわかないけど)の4コマ×2は深い意味がありそう。モブキャラではないと思う。ばらかのファンブックであの子の出身が○○となっていて、おやと思っているので、おそらく…  こんなに早い時期に出会っていたのか。

ばらかもんの続きが楽しみになった。

 

それにしても、ファンブック関連が電子化しにくいのは何故だろう?

「はんだ本」の方は紙版でしか出なかったので、今回はちょっと様子見をしている。

私はコミックは電子版でエピソードの切り売りをしても良いとさえ思っているのだけれど(長い作品は特に、コンビニ版のような感覚で…)、もっとフレキシブルにならないもんだろうか。

 

はんだくん 7巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

はんだ本 はんだくんコンプリートブック (ガンガンコミックス)

 

6巻の感想はこちら

「はんだくん」完結によせて - 黒曜石の図書館