読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私設Blog「黒曜石の図書館」

本、言葉、文化にまつわるエトセトラ。

ステンレスボトルの塗装をガムテープではがした話

徒然

f:id:giova3:20161119211813j:image

 いつ購入したか思い出せないが、4年ほどは愛用しているサーモスJNL350のバーガンディー

綺麗な色だったのに、塗装が剥げて残念なことになってきた。

 

調べたところ、「塗装はがし」なるものが売っているらしい。

でも臭いらしい。それは、嫌だなあ。

それに使い切れずに余して置いておくのも嫌だ。

板金屋さんとお近づきになる機会はないものか。(ない)

 

そうこうしているうちに、塗装というよりもフィルムコーティング的な感触だと気付き、ガムテープではがせるのではないかと思い立つ。

 

定着しているところがはがれにくく、苦戦もしたが、なんとか全部はがれた。

お湯につけると熱で定着が弱まるのか?その後ガムテープではがれやすくなった。

f:id:giova3:20161119212427j:image

サーモスロゴマークは定着が強く、残ってしまったが、まあ妥協。

 

仕上げにセリアで見つけたクリアシールを貼る。(圧着かと思ったのに、普通のシールだった。あまり保たないかも。)

とりあえず満足のいく仕上がり。

剥げ剥げよりも全然良い。外にも持って行ける。

 

f:id:giova3:20161119212700j:image

 

夫が色違いを使っているが、これも剥げが数カ所。時間の問題か、むしろ剥げ箇所が広がらないようにシールを貼ってしまうか。

これをもう一回やるのはちょっとしんどいので、夫用のは慎重に扱おう。

(2本分なら剥がし液を買えば良かった?)

 

剥がした人たちは皆さん「塗装なしの製品を販売すれば良いのに」、と書いていた。

でもこの製品、塗装の剥げでもない限り、ずっと使い続けられる。

でも買い換えてもらわないと、サーモスは商売が成り立たないかもしれない。

完璧なものを作ってしまったために商売が成り立たない。なんて皮肉な話だろう!

ただ新製品も出ていて、容量は変わらず一回り小さくなったとか。

飽くなき探求はぜひ続けていただきたいものだ。(剥げない塗装も、出来ればよろしくお願いしたい)

 

大きな声では言わないが、板金屋さんなどで塗装剥がし&再塗装を代行してくれたらそれなりに需要がありそうだが…  (それらしき業者さんは一つしか見つからなかった。)

 

f:id:giova3:20161119214110j:image