読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私設Blog「黒曜石の図書館」

本、言葉、文化にまつわるエトセトラ。

「本へのとびら 岩波少年文庫を語る」

宮崎駿監督が少年少女のために岩波少年文庫から50冊を真剣に選んだ。

意外にも、これらの本を読んだのは大人になってからだという。

 

震災後はファンタジーを作る気になれない、とも語る。

めでたしめでたしのファンタジーにとっぷりと安心して浸る子ども時代がある、というのはとても大切なことなのではないか。

 

紹介されている作品にも触れてみたら、またジブリ映画を違う角度から楽しむことも出来そうだ。

 

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)