私設Blog「黒曜石の図書館」

本、言葉、文化にまつわるエトセトラ。

「騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編」読了

読み終えて驚いたのは、何の疑問も残さずに村上春樹作品が終焉した、という点。

「ねじまき鳥」の改作だろうか、という感じもある。読後感は「騎士団長」のほうが遥かに爽やかだが。

 

第2部で新たに気になった語彙は「1984」と「宗教団体」だったが、ちらと出ただけで伏線ではなかったようだ。

 

第2部で綺麗に幕は閉じられたように思う。万が一第3部があるならば、雨田具彦のウィーンでのエピソードだろうか。「ねじまき鳥」とは違い、その描写はなかった。(手元に「ねじまき鳥」がないので、皮剥ぎの話が第2部か第3部か思い出せないが…)

 

初めて村上春樹作品に挑戦したいという方がいるなら、「騎士団長殺し」から入るのは悪くない選択だろう。

大変面白かった。読み終えてしまったのが残念だが、また以前の作品を読み返す楽しみが出来た。

 

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編